神の乳母 登場人物紹介

神の乳母に登場する人物をご紹介していきます。

杉山百合恵

神の乳母の主人公の杉山百合恵(29歳)

どこにでもありそうな普通の家庭だが、優しい夫と素直な子供に囲まれ幸せな日々を送っている。

見た目は可愛らしく少しロリ顔で、華奢な体をしているが胸はしっかりあり、脱ぐとエロい体をしている。

そんな彼女が、ある日ベビーシッターのバイトを引き受けることになるのだが、その相手が人間の赤ん坊ではなかった…

依頼主の神守さんに「あなたは神様の乳母に選ばれたの」と言われ、人間ではない異形に体を貪られやがて身も心も奪われていく。

百合恵の夫

百合恵の夫で、百合恵の事を第一に考えてくれる優しい夫。

百合恵がベビーシッターを引き受けてみたいと言った時も、快く応援してくれた。

しかし、これがきっかけで百合恵の心と体は夫からどんどんと離れていくのであった。

ユウくん

百合恵の子供。

実際に登場するシーンはないが、二人の子供らしく素直で優しい子供のようだ。

神守さん

ベビーシッターの依頼主で百合恵が住んでいるマンションの真上の階に住んでいる。

百合恵が訪ねた時になぜか喪服を着ていたりと、異様な雰囲気を常に醸し出している神守さん。

百合恵がお世話をすることになる異形のことを「神様」と呼び、百合恵はこの神守さんに強制的に「神様の乳母」にさせられてしまう。

異形(神様)

昆虫と人間が合体したような醜い姿をした異形の赤ん坊。

ヌチャヌチャした口と、下腹部から生える太いへその緒のような触手で女の人の体液を啜り成長する。

この異形が神守さんの子供なのかは不明だが、神守さんには懐いているようで神守さんの言うこと素直にきいている。

 

神の乳母~異形に奪われた妻~
無料立ち読みはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用