神の乳母 7話のネタバレ・感想

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~

(達磨さん転んだ × チンジャオ娘)

【7話】本編はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
7話はコチラ

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母 7話のネタバレ

布団を敷き仰向けになり、異形を受け入れる百合恵。

異形に身も心も奪われてしまった百合恵は異形のことが愛おしくてたまらず、自ら唇を重ね舌を絡める。

「ちゅ…ああっ…さっきより奥まで届いてる」

「お腹がおち〇ちんでいっぱいになって…妊娠してるみたい…」

異形の太く長いペ〇スを奥までねじ込まれ、百合恵のお腹の中は異形のペ〇スでパンパンになっていた。

しかし、今日の異形は遠慮しているのかあまり腰を動かさない。

もっと激しく腰を動かして気持ちよくしてほしい百合恵は

「我慢しないでいいのよ。私の胎内はもうあなたのものなんだから…」

と異形に言う。

百合恵の言葉がわかるのか、百合恵がそう言うと腰をゆっくりと腰を振り始める異形。

異形のペ〇スで子宮を刺激され思わず声が漏れる百合恵。

「あぐっ!あっ!ひぅ…すごい!逞しすぎて…ママ壊れちゃう!!」

「イイの!私のこと…息子と子作りしちゃうダメなままのことやっつけて!」

「もっとお仕置きしてぇー!」

突然、卑猥な言葉を連発する百合恵。

それを聞いた異形はさらに興奮し…

神の乳母~異形に奪われた妻~
7話の続きはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 7話を読んだ感想

異形に体を押さえつけられ、巨大なペ〇スで激しく子宮を突かれまくり、動物のような声を上げて何度も絶頂する百合恵。

いつもより激しく腰を振り、百合恵を本気で妊娠させてこようとしている異形。

巨大なペニスで奥までガンガン突かれおかしくなってしまったのか、百合恵は卑猥な言葉を連発しまくっちゃてます。

そして、異形の濃い大量の精子を子宮で受け止めます。

それからも延々と百合恵を犯し続ける異形。

神の乳母7話では、この異形が何者であったのかがようやくわかります。

そして、最後には予想外の結末が…

神の乳母は7話で完結なのでこれで最終話となります。