神の乳母 5話のネタバレ・感想

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~

(達磨さん転んだ × チンジャオ娘)

【5話】本編はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
5話はコチラ

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母 5話のネタバレ

夫の隣で異形に侵され、絶頂しまくってしまった百合恵。

しかし、幸いにもその日は夫の眠りも深く、百合恵が声を上げてもあまり起きることがなかったので事なきを得た。

あれから数日が立った。

異形の身体はさらに成長し、今ではまるで人間の赤子のような姿にまでなっていた。

そのせいか、百合恵は以前異形に対して抱いていた恐怖心がなくなり、むしろ異形のことを愛おしいとまで思うようになっていた。

百合恵の変化は心だけではなく、最近では以前でなかった母乳まででるようになっており、まるで異形のための母体に変化しているようだった。

この日もいつも通り、異形に数時間と侵され続ける百合恵。

帰る時間になり、百合恵が玄関に向かおうとすると百合恵にしがみつき百合恵から離れようとしない異形。

「あんっ…もうダメよ。時間なんだから…帰らないと…」

玄関先で触手を百合恵のアソコへねじ込みクチュクチュと貪りはじめる異形。

そこへ

ピンポーン!

「ごめんください。こちらでお世話になっている杉山の夫ですが…」

帰りが遅い百合恵を心配した夫がやってきた…

神の乳母~異形に奪われた妻~
5話の続きはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 5話を読んだ感想

バイトの時間が終了し、帰ろうとしてもなかなか帰してくれない異形。

玄関前で異形の触手で侵されている所へ夫がやってきます。

夫とドア越しに会話をする百合恵の姿を見て、二人に嫉妬した異形は激しく百合恵を攻め立て始めます。

ドア一枚越しには夫がいるのに、夫のことを忘れはしたない声を上げてよがり狂う百合恵のエロい姿が見れます。

夫よりも快楽を優先してしまう淫乱女になってしまった百合恵。

このあと百合恵はどうなっていくんでしょうかね。