神の乳母 2話のネタバレ・感想

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~

(達磨さん転んだ × チンジャオ娘)

【2話】本編はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
2話はコチラ

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母 2話のネタバレ

異形に乳首を延々としゃぶられ続ける百合恵。

「んぐ…お願いだから…ね?離れーーーっ!?」

異形の下腹部から生える、太いへその緒のようなものを見て本能的に恐怖を感じた百合恵は必死で抵抗する。

しかし、身体は思うように動かずそのまま畳に寝転んでしまう。

異形のへその緒が動いているのを見た百合恵は嫌な予感し、

「それを…どうするつもりなの…?」

と怯えながら異形に聞くが、まったく反応しない異形。

そして、異形のヌルヌルしたへその緒は勃起するように伸び、百合恵の股間へと迫ってきた。

「やっ!やだ!!いやっ!やめて!!」

それだけは絶対イヤ!と必死で抵抗する百合恵だが、異形のへその緒の先端は、餌を探すように百合恵のアソコの周辺をねぶり膣内へと潜り込んでいった…

神の乳母~異形に奪われた妻~
2話の続きはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 2話を読んだ感想

早くも異形に犯されてしまいましたね。

異形の太い触手でアソコを弄りまわされ、何度も何度も絶頂しまくってます。

どうやら、異形の触手は体液を啜るためにあるようで、膣内に潜り込んだ触手は人妻から溢れる体液を飲み干しているようです。

その異形の触手の先端で子宮口を舐められ、ものすごい声を上げなら絶頂している人妻の姿はやばいぐらい興奮します。

結局、神守さんが帰ってくるまでずっと、異形の触手で膣内を弄りまわされた人妻はもう完全に憔悴しきってました。

これで帰れる…と思った人妻でしたが、悪夢は始まったばかり。

この後の展開が楽しみです!